就業規則 労務相談 労務問題 労務紛争 労務問題 紛争 熊本 大分 福岡

TOP

対応業務内容

アクセス

プロフィール

お問合せ


所長ブログ


 
労災保険未加入中の労災事故


事業主が労災保険の加入手続を怠っていた期間中に労災事故が発生した場合、最大2年間遡った労働保険料及び10%の追徴金が徴収される他に、労災保険から給付を受けた金額の100%または40%が徴収されることになります。

@100%徴収される事業主等…労災保険の加入手続について行政機関から指導等を受けたにもかかわらず、手続を行わない期間中に業務災害や通勤災害が発生した場合は、事業主が故意に手続を行わないものと認定されます。
A40%徴収される事業主等…労災保険の加入手続について行政機関から指導等を受けてはいないものの、労災保険の適用事業となったときから1年を経過して、なお手続を行わない期間中に業務災害や通勤災害が発生した場合は、事業主が重大な過失により手続を行わないものと認定されます。

なお、労災保険の加入後においても、事業主が一般保険料を滞納している期間中に労働災害が発生した場合、労災保険給付額の最大40%、事業主が故意または重過失により生じさせた事故が原因で労働災害が発生した場合、労災保険給付額の30%が事業主から徴収されます。

※療養開始後3年間に支給されるものに限ります。また、療養(補償)給付および介護(補償)給付は除かれます。

>> 労働保険加入の手続き代行 096−202−2209 (年中無休9:00〜18:00)

〒862-0957  熊本市中央区菅原町10-1-3F
Tel : 096-202-2209 Fax : 096-202-2210
Mail : info@tomo-sr.com